団塊世代には大きな未来が有るよ~
団塊世代の男も女も新たな第1歩を踏み出そう!


プロフィール

けんたん

Author:けんたん



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


反発時期を模索も配当落ちを埋めきれず日経平均は3日続落!
26日の東京株式市場は、前日比76円安の1万5557円で終了しましたが、同日は安倍新政権の閣僚人事を控えていることから様子見ムードが強く、配当落ち日ということもあり買いあがる勢いはありませんでした。結局、配当落ち分の63円を考慮してもマイナスで終了したことになります。

下落スピードが今年5月ほどではないためまだ余裕をもっている投資家もいらっしゃるでしょうが、ここが今後の相場を占う上での正念場にさしかかりつつあります。

外国証券の寄付前の注文状況は、26日も 売り3440万株 買い2790万株 で9月6日から立会い日数14日間で何と11日間が売り越しとなっており、この流れを映すかのごとく日経平均も調整している状態です。

日足の株価チャートをみていただくと一目瞭然9月6日からの調整傾向は顕著です。

ところで、今後の株式相場の動きを探りたいところですが、実は長期の分析では9月初旬から陰転しています。短期的な動きの中で大きな変化(25日移動平均線を上回るような)がなければ、この長期のトレンドが陽転してくるのは10月の下旬から11月ということになりそうです。

とりあえず日足の判断で、上値抵抗線(9月6日のザラバ高値16401円と9月19日の高値16096円を結んだ線の延長線)を日経平均の終値で抜けることが第一の関門となります。

ただし、もし抜けるまえに75日移動平均線を下回ってきた場合には、先程指摘した長期トレンドの陰転は10月下旬から11月初旬まで継続することになり、スッキリしない相場が続くことが考えられます。

ここらで一旦反発する時期ですが、先程お話した日足の上値抵抗線あたりで弾かれて再度下げに入ると最悪となってしまいます。

-----------------
株式投資・インターネットスクール
まず、ここから始めてみては?
 ↓↓
■参考資料購入はこちら! 株式投資

「超短期投資分析表作成マニュアル」

「稼ぐデイトレテクニカルマニュアル」


★下ヒゲの長いローソク足が安値圏で出現したら「買い」?
下ヒゲ短期トレードで勝率を高めよう!

毎日、コツコツと小さな利益を積み上げて見ませんか?

★貴方は一生、異性とお金には困りません★

★【アトピー・アレルギー・花粉症・敏感肌でお悩みの皆様へ】★
「ヒストリー オブ ジュラ紀・白亜紀」は、究極の自然派スキンケア&ヘルスケア製品です。

★イーバンク銀行からお得なお知らせです★
★イーバンク銀行に口座があると、いろいろ便利でお得ですよ!★

★予約宿名人は宿泊料金を予算提示(値引交渉)ができる予約サイトです。
スポンサーサイト

テーマ:株日記ちょっと気になる独り言 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。