団塊世代には大きな未来が有るよ~
団塊世代の男も女も新たな第1歩を踏み出そう!


プロフィール

けんたん

Author:けんたん



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


安心して買いあがるには早すぎる今回の調整局面
★【アトピー・アレルギー・花粉症・敏感肌でお悩みの皆様へ】★
「ヒストリー オブ ジュラ紀・白亜紀」は、究極の自然派スキンケア&ヘルスケア製品です。

---------------------------------

ライブドア・ショックも昨日の反発で一安心という展開でしたが、今後の先行きはまだ安心するには早すぎます。

とりあえず目先は下げ止まったというところでしょうが、日経平均・TOPIXとも昨日の終値ベースで一昨日の寄り付きを越えられなかったことが意味するものは・・・。

日経平均でお話を進めます。

1月13日の高値16490円から1月18日の安値15059円まで約1431円の下げ幅です。

本日終り値15696円までは637円の戻しです。

この戻しは、約44.5%を達成しています。この場合、昨日一日での戻しではなく、一昨日の半日分は戻しです。

本日は、多分安心感から昨日終値よりも高値で寄り付く可能性が高いでしょう。

例え安く寄っても寄り後は買われる展開が考えられますが、高く寄ろうが、安く寄ろうが、大引けでの引け方が問題になります。

私が危惧しているのは、寄り付値よりも安く引け、尚且つ前日比マイナスで引けた場合です。

更に、本日プラスで引けても明日陰線のマイナスで引ければ同様に問題があります。

結局ここ一両日中に再度下値を試しに行く可能性の方が大きいといえます。

この場合は、18日の安値15059円を割らなければ早期に日足の反騰体制が整います。

ただし、週足ベースではリバウンド後にもう一度、下を試しに来る可能性があります。

願わくば、一気に新値取りといってくれればその懸念は払拭されるのですが。

---------------------------------

買い、売りのポイントが判断できれば稼げます!
   ↓↓
■株式投資・インターネットスクール
まず、ここから始めてみては?
 ↓↓
■参考資料購入はこちら! 株式投資

「超短期投資分析表作成マニュアル」

「稼ぐデイトレテクニカルマニュアル」

毎日、コツコツと小さな利益を積み上げて見ませんか?

★貴方は一生、異性とお金には困りません★

★ストレス解消には欠かせませんよ~!

【超威龍(ちょういりゅう)は、威龍に冬虫夏草と、蟻のパワーを新配合!】

【「あふれかえる淫欲の雫!! 」秘部にさらっと一塗りするだけで!】

スポンサーサイト

テーマ:デイトレ生活 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。