団塊世代には大きな未来が有るよ~
団塊世代の男も女も新たな第1歩を踏み出そう!


プロフィール

けんたん

Author:けんたん



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


レンジ切り上げには内需系の修正リバウンドが必要
(・∀・)σ ★〓 お勧め情報 〓★(・∀・)σ 
相互リンクレーシック 

◆ 美と健康ショップにも、是非お立ち寄りください!!
【健康で豊かな人生を!】をテーマにしています。

★健康で安全な天然水を【宅配無料】でお届け♪

★最新号が送料無料★ビジネスマンのバイブル!必読書!『週刊ダイヤモンド』 

★イーバンク銀行からお得なお知らせです♪★

★totoBIGは今週6億円のチャンス!!
「totoイーバンクサービス」からtotoを購入できる!
★イーバンク銀行は、いろいろ便利でお得ですよ!★

生命保険の加入や見直し相談をファイナンシャルプランナーが全国無料で診断!


★今日も株式投資の儲けの種を探して見ましょう!

●フィスコ オープニングコメント

NYDOW 7223.98 +53.92
S&P500 756.55 +5.81
NASDAQ 1431.50 +5.40
CME 7569.28 +371.03(大証比)
NYドル円 98.06 +0.43


★レンジ切り上げには内需系の修正リバウンドが必要

 日経平均はこれまでの7000-7500円のボックス上限を捉えた。全体としては公的年金とみられる下支えや「銀行等保有株式取得機構」の買い取り再開といった受け皿、与謝野財務相や自民幹事長などによる株価下支え発言なども出されており、7000円割れは回避するものの、TOPIXは約25年ぶりに700ポイントを下回るなど不透明感が根強い状況が続いていた。
しかし、米シティの業績改善に続き、JPモルガン・チェース、バンク・オブ・アメリカも1-2月の業績が堅調であったことを明らかにするなど、米大手銀の業績改善傾向による金融システム不安の後退を背景にショートカバーを強めたようである。
GDP改定値や機械受注など悪化が続くものの、市場予想を上回っていたことや、13、14日にロンドンで開く20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議を控え、主要国の協調姿勢などへの期待も下支えとなっている。
また、週末のSQ値がレンジ上限レベルと高かったものの、現物がこれを上回る水準で推移していたことも安心感につながった。

 シティの業績改善見通しによる米国株高は一時的とみられていたが、その後もJPやバンカメによる発言が続き、NYダウは7000ドルを回復してきた。
目先的には日経平均同様、25日線を確実に上放れることが出来るかを確認する必要はあり、強弱感は対立し易い水準である。
また、日経平均の7000円は割らせないという政府の姿勢は感じられるものの、TOPIXの弱い動きから本格的な反転意識は強まらない。
NT倍率(225÷TOPIX)は直近ピーク水準まで上昇しており、今後はTOPIX反転に向けた内需系の動向がカギを握りそうである。

 業種別指数をみても、今週は鉱業、証券、その他製造、精密、ガラス土石、電気機器、非鉄金属の上昇に対し、電力・ガス、医薬品、情報通信、陸運などの弱い動きが目立っていた。
景気敏感株の買いに対してディフェンシブの売りといったポジション縮小に伴うリバランスが強まっていた格好であり、リバランス一巡から相対的に売られ過ぎ感の強い内需系が修正リバウンドをみせられるようだと、日経平均の価格レンジはこれまでの7000-7500円から7500-8300円辺りに切り上がる可能性はある。
4月の20カ国・地域(G20)の首脳会合(金融サミット)に向けて景気底割れを防ぐ狙いから公共投資など内需刺激策などが意識される。
内閣府による消費者態度指数は2ヶ月連続で改善し、消費動向調査の判断を「下げ止まり」へ上方修正しているなど、変化の兆しも出てきているため、内需セクターの見直しの動きが期待されよう。

 また、需給的には依然としてショートに傾いている状況と考えられ、日経平均の7500円レベルでの底堅さが確認されるようだと、心理的にもカバーの動きを強め易いと考えられる。
個人投資家心理については久しぶりのIPOであった大研医器、ユビキタスエナジーともに好スタートを切った格好であり、物色意欲が回復してきているとみられる。
週明けに季刊誌が発売されるが、製作段階で見通しなどについては相当弱いものが多いと考えられるが、その後の為替市場での円安への修正や商品市況の低位安定などもあり、改善期待につながる可能性はある。
また、週末辺りに公示価格が発表される予定である。
外資系各社による不動産セクターに対する弱気判断はあるが、発表後は一旦は悪材料が出尽くす可能性もあろう。
3月期末接近により、配当・株主優待狙いの動きも出てきそうである。
(村瀬 智一)

貴方も研究してみては如何ですか!

株式投資・インターネットスクールまず、ここから始めてみては?
 ↓↓
■参考資料購入はこちら!
勝つ投資―賢い投資家はコモディティを知っている

プロのテクニカル分析で短期推奨銘柄を・・・!

★【アトピー・アレルギー・花粉症・敏感肌でお悩みの皆様へ】★
「ヒストリー オブ ジュラ紀・白亜紀」は、究極の自然派スキンケア&ヘルスケア製品です。

★話題スイーツをぐるなび食市場でお取り寄せ!

定年後を極める―達人12人のノウハウ&読者71人の痛快体験記

そうだったのか!団塊マーケット 本気で取り組むビジネス戦略

  
◆◇ハワイのホテル予約ならBest Hawaii Hotel Rates◇◆ 
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
ハワイのホテル宿泊予約専門「Best Hawaii Hotel Rates」は、
創業35年・現地オフィスを持ち安心なサポートで皆様のハワイホテル予約をサポート致します。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::                            
━━━━━━━━━━━━━

★日本最大の動物病院サポート通販サイト!
動物病院だから同時に医療、処方に関して無料アドバイス!
【本間アニマルメディカルサプライ】

相互リンクレーシック

スポンサーサイト

テーマ:へたくそ株式運用 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。